手ぬぐいについて

手ぬぐいとは?

オリジナルてぬぐい柄サンプル1手ぬぐいは、吸水性・速乾性に優れ、洗いやすく包みもできる日本が誇る暮らしの道具。使い込むほど風合いが増すのも魅力です。最近はレトロ感が見直され若い方を中心に人気があり、オリジナル手ぬぐいの作成が増えています。

手ぬぐいの代表的な染め方として、注染という方法があります。注染は、布に模様を染める技法のひとつで明治後半に大阪で始まった染色法です。

特殊な糊をおいた生地の上から染料を注ぎ込む型染め法で、染料を注いで染めることから『注染』と呼ばれ注ぎ染めや本染めとも呼ばれます。

注染てぬぐい・本染めてぬぐいについて

オリジナルでつくる注染手ぬぐい

注染は、明治後半に大阪で始まった染色法で特殊な糊を置いて生地の上から染料を注ぎ込む型染め法です。染料を注いで染めることから『注染』と呼ばれ注ぎ染めや本染めとも呼ばれます。

>>注染手ぬぐいについてはこちら

プリント手ぬぐいについて

オリジナルプリント手ぬぐい

プリント手ぬぐいはカットしてある晒(さらし)生地にスクリーンプリント機で顔料プリントします。 注染手ぬぐいとは違い裏面まで色は浸透しませんが、細かな図柄や文字もプリントができます

>>プリント手ぬぐいについてはこちら

剣道用 面タオル・面手ぬぐいについて

少ロットにも対応、剣道用面タオル

剣道用に余裕のある長さ100cm。
生地糸に染めこんでいる為、色、柄が裏表変らず、柄の際が柔らかく風合いがあります。 道場や学校などで団体名をいれたオリジナル面タオルは如何でしょう。

>>剣道面タオルについてはこちら

オリジナルてぬぐい柄サンプル2

反応捺染・染料インクジェット手ぬぐいについて

注染手ぬぐいの特徴は手ぬぐいの表裏が同じように染められ、プリントてぬぐいとは違う風合いや濃淡があり、独特の優しさを持っています。

また、注染手ぬぐいはすべて職人の手作業で行うため1枚1枚違う雰囲気あり、使うたびに色がすこしづつ変わり、風合いがよくなります。

注染手ぬぐいのお手入れについて

注染の手ぬぐいには多少の色落ちがあります。


注染の手ぬぐいは使い込むほどの色落ちと風合い、馴染む柔らかさが特徴です。変化の過程を楽しみながら、大切に愛でてください。

オリジナルてぬぐい柄サンプル3

上に戻る